高齢犬だけじゃない!犬の関節炎の症状や治療方法

   

犬関節炎

近頃飼っている犬が、「動かずじっとしていることが多くなった」「階段の昇降をしなくなった」「ジャンプをしなくなった」など、行動に変化が出てきていませんか。

もしかしてその症状、犬の関節炎かもしれません。

この記事では、「犬の関節炎」について、症状や治療方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

犬の関節炎とは

犬の関節炎とは、「関節の軟骨」が炎症を起こしている状態のことです。

軟骨は関節の滑らかな動きに関係し、年とともにすり減り減少、変形します。
結果、関節の動きが悪くなり、動くと痛みを感じるようになります。

犬の関節炎は、体重を支える「前足の関節」「後足の膝関節・股関節」などで発症例が多いです。

犬が関節炎になってしまう主な原因は、以下があげられます。

  • 加齢
  • 肥満
  • 運動不足
  • 外傷(捻挫や骨折等)
  • 先天性

犬の関節炎の予防には、適正な体重を維持し、関節にかかる負担を軽くすることが大事です。

関節炎になりやすい犬種

関節炎になりやすい犬種は、以下があげられます。

  • ゴールデンレトリーバー
  • ジャーマンシェパード
  • セントバーナード
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • ラブラドールレトリーバー

犬の関節炎の症状

犬の関節炎は、関節を動かす度に痛むので、犬は関節を動かす動作を嫌がるようになります。

犬の関節炎の症状は、主に以下が多いとされています。

  • 足を引きずる
  • じっと動かないことがある
  • 階段などの段差を登りたがらない
  • 起き上がるときつらそうに見える
  • 散歩のときに遅れてついてくることが多い
  • 散歩に行きたがらない
  • 遊びたがらなくなった
  • 走ったり飛び跳ねたりしなくなった
  • 体に触られるのを嫌がる

この中の症状に複数当てはまったら、一度お近くの動物病院に連れて行って診察してもらったほうがも良いかもしれません。

犬の関節炎の治療方法

犬の関節炎には、先天性と後天性の二種類があります。

先天性の関節炎治療では、消炎鎮痛薬など投薬による痛みの緩和をする対症療法が一般的です。

骨や関節に異常がある際は、手術が必要になることもあります。

後天性の関節炎の原因が、何らかの疾患によるものであれば、原因の治療から始めることになります。

この記事では、抗炎症薬の「リマダイルジェネリック」をご紹介します。

薬の使用については、必ずお近くの獣医さんに相談してください。

リマダイルジェネリック

お薬の購入は画像をクリック、またはタップしてください。

商品名|リマダイルジェネリック 犬用 20mg
内容量|100錠
リマダイルジェネリック 犬用 20mg
価格|2,502円
送料無料!
商品名|リマダイルジェネリック 犬用 50mg
内容量|100錠
リマダイルジェネリック 犬用 50mg
価格|4,345円
送料無料!
商品名|リマダイルジェネリック 犬用 100mg
内容量|100錠
リマダイルジェネリック 犬用 100mg
価格|5,827円
送料無料!

出典:リマダイルジェネリック
※2016年10月現在、うさパラ内で表示されている価格を掲載しています。

おすすめのポイント

  • 関節の痛みに。
  • 錠剤タイプの抗炎症薬です。
  • 「リマダイル」と同成分「カルプロフェン」を含有する錠剤です。

特徴

  • 非ステロイド系抗炎症薬です。
  • 犬用経口薬です。

成分

  • カルプロフェン

リマダイルジェネリックの使い方

  • 犬の体重1kgあたり4.4mgを1日服用量とする。
    1日1回あるいは2回に分けて経口投与。

リマダイルジェネリック使用時の注意点

  • ご使用の前に獣医にご相談ください。
  • この製品を犬用の医薬品ですので、猫や人に使用しないでください。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

犬の関節炎は、痛みから歩行に変化が現れます。

それまで元気に走ったり飛び跳ねたりしていたのに、触られると、吠えたり泣いたりしながら嫌がるなど、いつもと違う素振をみせたら、すぐにお近くの動物病院へ行き診察受けてください。

ペット医薬品の個人輸入代行

ペット くすり
ペットくすり ペットくすり業界の老舗!

安全保障!
とくにジェネリック医薬品が人気
リピーター率50%以上!
詳細ページ
ペットのお薬 うさパラ
会員ランクシステムで賢く購入!

送料無料!
薬の種類がとにかく豊富。
還元できるうさパラポイント。
詳細ページ

 - 犬情報