なび猫情報局

ためになる猫ちゃん情報

色で見分けよう!犬の目やにでわかる体調のサイン

   

犬目やに

犬を飼っている方でしたら、飼い犬の目に目やにがたまっているのを見たことがあるのではないでしょうか。

黒や茶色の目やに病気の可能性は低いですが、それ以外の色は体調不良のサインである可能性が高いです。

この記事では、「犬の目やに」についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目やにとは

目やにとは、ホコリなどが、皮脂腺の分泌液や粘液と一緒になって固まってしまったものです。

黒や茶色、少しの分泌は問題はありませんが、目に何かのトラブルが起きると、色のついて膿状のドロドロしたものが出てきます。

犬の目やにの色と健康状態

目やにの色でおおまかな健康状態がわかるのでぜひ覚えておきましょう。

病気の可能性が低い色

目やにの色 状態 病気の可能性
涙にタンパク質、脂質が混ざった通常の目やに
涙にタンパク質、脂質、砂埃が混ざりそれが変色している
茶色 涙にタンパク質、脂質、砂埃が混ざりそれが変色している
グレー 涙にタンパク質、脂質、砂埃が混ざりそれが変色している

病気の可能性が高い色

目やにの色 状態 病気の可能性
膿によって菌が死滅している
黄色 ウイルスや菌の感染で膿が排出されている

覚えておきたい目やにの見分け方

「黒と茶色は安全」「緑と黄色は注意」と覚えておきましょう。

緑と黄色の目やにが出ている時は、何かの感染症にかかっている場合もあるので、すぐに動物病院を受診した方がいいでしょう。

放っておくと、慢性的になり最悪失明に至る可能性もありますので病気のサインを見逃さないようにしましょう。

ペット医薬品の個人輸入代行ペットくすり

犬の目やにと病気の関係

犬の目やにには、よくみられる症状と疑わしい病気は以下があります。

目やにの色と状態 疑わしい病名
透明な目やにで、涙も一緒に出続けるいる場合 流涙症・結膜炎
黄色くて水っぽい目やにが出ている場合 結膜炎・ドライアイ
黄色くてドロドロした目やにが出ている場合 ドライアイ
白くて水っぽい目やにが出ている場合 角膜炎・結膜炎

上記以外にも、涙焼け(流涙症)、白内障、緑内障、網膜剥離目、ぶどう膜炎、ドライアイ、チェリーアイ、眼瞼外反症、マイボーム腺腫、など様々な目の病気があります。

いつもと目やにの状態が違ったら、必ず動物病院を受診してください。


まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

犬の目やには見落としがちですが、健康状態や病気になってしまったことを現す大事なサインなんです。

犬の言葉を人間はまだわかりません。
飼い主が毎日のスキンシップの中で気づいてあげることが必要です。

いざという時、慌てないように、目やにの見分け方を覚えておきましょう。

 -