なび猫情報局

ためになる猫ちゃん情報

犬の心臓病!症状と治療方法!

   

犬心臓病

飼っている犬が、最近、「息が苦しそう」「元気がない」「寝てばかりいる」など、何かいつもと少し様子が違うなと感じていませんか。

もしかしてその症状、犬の心臓病かもしれません。

驚く方も多いかもしれませんが、犬の心臓病は、「ガン」に次いで、2番目に多い犬の死亡理由なんです。

この記事では、「犬の心臓病」について、症状や治療方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

犬の心臓病とは

犬の心臓病は、心臓の機能が上手く働かずに、全身に酸素を含んだ血液を送ることが出来なくなる病気です。

犬の心臓病には「先天性」と「後天性」の2種類があります。

先天性

大動脈狭窄症、動脈管開存症、肺動脈狭窄症などの、症状で生まれつき心臓の機能が上手く働いていない

後天性

老化、フィラリア症、僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症、拡張型心筋症、心房中隔欠損症などの病気で、心臓の機能が上手く働いていない

心臓病になりやすい犬種

心臓病になりやすい犬種は、以下があげられます。

  • シーズー
  • キャバリア
  • チワワ
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • マルチーズ
  • ヨークシャテリア

犬の心臓病の症状

犬の心臓病は、初期症状が分かりにくいとされています。
病院で定期検診を受けて、初めて飼い犬が心臓病だと気づく飼い主さんも多いです。

犬の心臓病の主な症状は、以下が挙げられます。

  • 疲れやすい
  • 咳(ゼーゼーと言う感じ)
  • 散歩を嫌がる
  • 食欲不振
  • 元気がない
  • 失神
  • 肺水腫(肺に水が溜まる)
  • 呼吸困難

この中の症状に複数当てはまったら、一度お近くの動物病院に連れて行って診察してもらったほうがも良いかもしれません。

ペット医薬品の個人輸入代行ペットくすり

犬の心臓病の治療方法

犬の心臓病の治療方法は、大きく「内科的治療」と「外科的治療」の2種類があります。

内科的治療

心臓に負担をかけないよう安静にし、「ACE阻害薬」や「β遮断薬」「血管拡張薬」など複数の薬を投薬し治療を行います。

外科的治療

手術で機能が悪くなった弁を、人工弁に取り換えるものです。
手術には、約100万円~治療費がかかるとされ、犬と飼い主さんの負担が重くなります。


まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

犬の心臓病は、重症化する前段階の「咳」を頻繁にすることで、飼い主が気づくことが多いです。

日々の行動の変化をよく観察するようにし、「老犬だから仕方ない」と思うのではなく、少しでもおかしなと感じたら、すぐにお近くの動物病院へ行き診察受けてください。

 -