犬の熱中症は危険がいっぱい!症状や治療方法をご紹介

   

犬熱中症

蒸し暑く湿度の高い日は、報道などで熱中症対策を呼びかけられますよね。
そんな日は、全身を毛で覆われている犬も熱中症対策が必要なんです。

暑い日は、「アスファルトからの照り返し」「エアコンがない部屋での留守番」など、熱中症のリスクはそこかしこに存在します。

この記事で「犬の熱中症」について、症状や治療方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

犬の熱中症とは

犬の熱中症は、人間と同様に、体内にたまった熱を外に逃がすことができなくなり、全身の機能が不全に陥った状態の事です。

犬は主にパンティング(あえぎ呼吸)によって、体にたまった熱を出しますが、人間と比べると冷却作用は劣ります。

犬は体温を逃がさないように、全身を毛で覆われています。
そのため、人間よりも暑さに弱いです。

イメージとしては、犬は常に人間より、一枚コートを羽織った温度域で生活しているという感じです。

結果、体の中に余分な熱がたまってしまい、熱中症にかかって最悪のケースでは亡くなってしてしまうこともあるようです。

主に犬が熱中症にかかる原因は、以下があげられます。

  • 屋外飼育
  • 夏場に窓を締め切った状態での室内飼育
  • 真昼間の散歩
  • 夏場の車内放置
  • 肥満
  • 子犬・老犬

飼い犬が熱中症で動物病院に担ぎ込まれる前に、予備知識をつけて、犬の熱中症対策をしましょう。

熱中症になりやすい犬種

熱中症になりやすい犬種は、以下があげられます。

  • シベリアンハスキー
  • シーズー
  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • ペキニーズ

短頭種と北方が原産の犬種が、熱中症になりやすいので注意が必要です。

犬の熱中症の症状

犬が熱中症になった場合には、主に以下の症状があげられます。

  • 呼吸が荒い
  • ぐったりしている
  • ふらつく
  • 目の充血
  • 舌が赤黒く変色
  • 呼びかけの反応が鈍い
  • 大量のよだれ
  • おう吐
  • 下痢・血便
  • 食欲不振
  • けいれん

この中の、どれか一つでも当てはまったら、一度お近くの動物病院に連れて行って診察してもらったほうがも良いかもしれません。

ペット医薬品の個人輸入代行ペットくすり

犬の熱中症の治療方法

犬に熱中症の症状が見られる場合は、まずは「体を冷やすこと」が先決です。

外出先でしたら、日陰などの涼しい場所に移動して水を飲ませてください。

その後、全身に水をかけ体温を下げます。とくに動脈のある部分と頭を冷やすと良いでしょう。

室内の場合は、風呂場などに連れていき、全身に水をかけ体温を下げるようにしましょう。

また、犬の体温が39℃まで下がったら冷やすのをやめ、体温は下げすぎないことも重要です。

熱中症の症状で、犬が苦しんでいるようなら、出来るだけ早くお近くの動物病院に連れて行って診察してもらってください。


まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

犬の熱中症になってしまう理由の多くは、人間と犬の体温調整能力に違いがあることを知らない飼い主さんの知識不足といわれています。

犬が常にどのように温度を感じているかや、体温を調整しているのかを知ることが大事です。

また、夏場は、「飲み水を切らさない」「散歩の時間をずらす」などの対処が必要になります。

ペット医薬品の個人輸入代行

ペット くすり
ペットくすり ペットくすり業界の老舗!

安全保障!
とくにジェネリック医薬品が人気
リピーター率50%以上!
詳細ページ
ペットのお薬 うさパラ
会員ランクシステムで賢く購入!

送料無料!
薬の種類がとにかく豊富。
還元できるうさパラポイント。
詳細ページ

 - 犬情報