くすり

猫フロントライン

くすり

2018/7/7

【ノミ予防・マダニ駆除】フロントライン猫用!おすすめポイント

猫を飼っている方は、「ノミ」「ダニ」の駆除予防薬として有名なフロントラインが猫用も販売されている事をご存じでしたでしょうか。

ミノマイシン

くすり くすり

2018/7/9

感染症の抗生物質!ミノマイシンの特徴をご紹介

ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質で犬と猫に使用出来るお薬です。 細菌を原因とした、呼吸器疾患、尿路感染症、生殖器感染症を含む幅広い感染症の治療に、ミノマイシンは使用されます。

フラージール

くすり くすり

2018/7/9

ジアルジア症治療薬!フラジールの特徴をご紹介

ジアルジア症治療のお薬、フラジールをご紹介します。 フラジールは、犬と猫両方に使用出来るお薬で、メトロニダゾールを含有する抗原虫、抗菌薬です。 ジアルジア症は、子猫や子犬に症状目立ち、症状が続く続くと、栄養分が十分吸収できなくなり、発育不良や体重減少などを引き起こしますので、早めにの治療が必要です。

フロリネフ

くすり くすり

2018/7/9

【アジソン病治療薬】フロリネフ!おすすめのポイントと特徴

アジソン病治療薬の、フロリネフについて、使い方や使用時の注意点を紹介している記事です。 減少したホルモンを補うためのお薬である「フロリネフ」は、一生涯の投薬治療が必要になります。

キャンC

くすり くすり

2020/4/3

【白内障治療薬】キャンCのおすすめポイントと特徴

白内障の症状改善や治療が出来るとして、注目をされている目薬キャンC。 犬と猫の高齢化が進み、最近は「白内障」を患う、犬と猫が多くなってきています。 その主な原因は、高齢化により体内で作られる「カルノシン」という酸化現象を抑制している複合アミノ酸が減少して、水晶体の酸化が進むためとされています。 この記事では、白内障治療薬「キャンC」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

イトラコナゾール

くすり くすり

2018/7/9

【マラセチア皮膚炎治療薬】イトラコナゾールのおすすめポイントと特徴

飼っている犬や猫に、「すごく痒がる」「毛が抜ける」「皮膚がベタベタと脂っぽく赤くなっている」などの症状はありませんか。 もしそのような症状が出ていたら、「マラセチア皮膚炎」かもしれません。

フロリコット

くすり くすり

2018/7/9

【アジソン病の治療薬】フロリコット!おすすめのポイントと特徴

飼っている犬の具合が悪くなって、動物病院を受診したら「アジソン病」と診断された飼い主もいらっしゃるのではないでしょうか。 「アジソン病」は、副腎皮質ホルモンの減少が原因の病気ですので、減少している「副腎皮質から分泌されるホルモン」を補うために、一生涯の投薬治療が必要になります。

くすり くすり

2018/7/8

耳ダニ治療にはトロイイヤードロップス!おすすめのポイントと特徴

飼っている犬や猫が耳をかいたり、壁や床に耳をこするような行動を、頻繁に目にするようになっていませんか。 愛嬌のある姿で微笑ましですが、少し犬の耳を覗いてみてください。 もし黒い耳垢がついていたら、「耳ダニ(耳疥癬 ミミヒゼンダニ)」に寄生されている可能性がとても高いです。

フィプロフォートプラス

くすり くすり

2018/7/8

【ノミダニ駆除薬】フィプロフォートプラスのおすすめポイントと特徴

犬や猫を飼われている多くはの方は、散歩から帰ってきたらノミに寄生されていて、犬や猫共々痒い思いをした。 なんて経験があるのではないでしょうか。 一度部屋にノミを侵入させてしまうと、暖かい室内で繁殖を繰り返してしまいます。 そんな事態にならないためにも、ノミ・マダニの駆除をしっかり行いましょう。 この記事では、ノミ・マダニの駆除薬「フィプロフォートプラス」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 ※フィプロフォートプラスは、生産終了となりました。 この商品と同じ有効成分の商品 「 フロントラインプラス猫 ...

© 2021 知りたかった犬猫のあれこれ なび猫情報局