なび猫情報局

ためになる猫ちゃん情報

【人獣共通感染症】犬のジアルジア症が引き起こす症状とは

   

ジアルジア犬

突然ですが、犬を飼っている皆さま。
ジアルジア症という言葉と、その症状をご存じでしょうか。


あまり聞きなれない、犬のジアルジア症は、散歩中に「他の犬の糞で汚染された場所の水を飲んだ」「他の犬の糞を食べた」などの行動が原因で感染することが多いとされています。

この記事では、「犬のジアルジア症」について、症状や治療方法を記載していますので、ぜひ参考にしてください。

犬のジアルジア症とは

ランブル鞭毛虫

ジアルジア症とは、ランブル鞭毛虫(べんもうちゅう)の感染によって引き起こされる下痢性疾患で、人獣共通感染症(ズーノーシス)の一つです。

ジアルジア症の感染は、経口感染が多く、その理由は、犬が感染している糞を食べてしまったり、ジアルジアに汚染された土壌の水たまりから水を飲んだりすることで、感染するとされています。

また、多頭飼育環境では、食糞よる感染が起こりやすく、ジアルジア症を発症する可能性が高くなります。

感染経路の多くが経口感染のため、犬を他の犬の糞に近づかせないようにしたり、水たまりや川や湖などの水を飲ませないように予防することが大切です。

散歩中の糞便処理をしっかりすることで、ジアルジア症の感染拡大を抑えることができます。

犬のジアルジア症の症状

ジアルジア症は、健康な成犬には目立った症状が出ないとされています。

犬がジアルジア症に感染した場合、7日~10日の潜伏期間を経てから症状が現れてきます。

主に免疫力が弱い「子犬」と「若い犬」での症状が目立ち、感染した場合の症状は、主に以下があげられます。

  • 悪臭を放つ下痢(軟便〜水様性便)
  • 食欲不振
  • 脱水症状
  • 体重減少
  • 発育不良
  • おう吐
  • 血便

この中の、どれか一つでも当てはまったら、一度お近くの動物病院に連れて行って診察してもらったほうがも良いかもしれません。

犬のジアルジア症の治療方法

ジアルジア症の治療方法は、抗原虫剤などの投薬治療が一般的です。

また、再感染しないためにも、ケージの清掃や、定期的なシャンプーなどを行い、清潔に保つことが大切です。

ここでは、犬のジアルジア症に有効な薬「フラジール」をご紹介いたします。

治療と薬の使用についてはお近くの動物病院で必ず相談をしてください

フラジール

お薬の購入は画像をクリック、またはタップしてください。

商品名|フラジール 200mg
内容量|90錠
フラジール
価格|2,298円
3,999円以上の購入で送料無料!

出典:ペットくすり
※2016年10月現在、ペットくすり内で表示されている価格を掲載しています。

おすすめのポイント

  • 犬や猫のジアルジア症治療薬として使用されます
  • バクテリア感染、寄生虫感染の治療薬です

特徴

  • フラジールは、犬と猫両方に使用できます。
  • ジアルジア症だけではなく、コクシジウムの治療にも使われています

成分

  • メトロニダゾール

フラジールの使い方

  • 経口で与えて下さい。
  • 犬や猫に使用する場合は、体重1kg当たり25mgを1日2回(1日50mg)を5~7日間投与してください。
  • 体重によって投与量を計算する必要がありますので、ご注意ください。

フラジール使用時の注意点

  • 妊娠中の犬や猫への投与は避けてください。
  • 通常、数週間続けることで改善が見られますが、改善しても途中で止めず獣医さんの判断を仰いで下さい。
  • 他のお薬を服用している場合にはご使用の前に必ず獣医さんにご相談下さい。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

初めてジアルジア症という言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。

ジアルジア症への感染経路の多くが、経口感染とされていますので、感染を防ぐための予防も容易です。

「拾い食いをしないように躾ける」「糞の始末をしっかりする」これらはドッグランなど、他の犬と交流する際にも必要なことですので、まだできていないようであれば、この機会にトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

薬の使用についてはお近くの獣医さんに必ず相談をしてください

 -