【フィラリア予防薬】キウォフハートのおすすめポイントと特徴

   

キウォフハート

犬を飼っている方でしたら、春になり暖かくなってくると、フィラリアの予防をどうしようか考えられるのではないでしょうか。

フィラリアと言えば、恐ろしい感染症をイメージされている飼い主さんも多いと思います。

近年は、簡単な投薬をすることで、フィラリアへの感染を高い確率で防ぐことができます。

その種類は「滴下」「注射」「経口摂取」と複数あり、多くの飼い主さんが、どれが良いのかを悩まれているようです。

この記事では、タブレットタイプのフィラリア予防薬「キウォフハート」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
※キウォフハートは、生産終了となりました。
この商品と同じ有効成分の商品
「 ダイロハート 」 をご用意しておりますので、ご検討ください。

キウォフハートとは

キウォフハートは、フィラリア予防薬で世界的に有名な、ハートガードプラスジェネリック医薬品で、2014年に完成しました。

キウォフハートは、タブレットタイプの薬剤なので、犬の餌に混ぜやすく投与が簡単です。

※キウォフハートは、生産終了となりました。
この商品と同じ有効成分の商品
「 ダイロハート 」 をご用意しておりますので、ご検討ください。

キウォフハート

※キウォフハートは、生産終了となりました。
この商品と同じ有効成分の商品
「 ダイロハート 」 をご用意しておりますので、ご検討ください。

おすすめのポイント

  • ハートガードプラスのジェネリック医薬品
  • 研究に研究を重ねた結果に完成した2014年登場の新薬です
  • タブレットタイプなので、餌に混ぜやすく投与が簡単

特徴

  • 錠剤タイプのフィラリア症予防薬です
  • 犬糸状虫、犬の回虫、鉤虫予防と犬糸状虫の幼虫が成虫になるのを妨ぎます

成分

  • イベルメクチン

キウォフハートの使い方

  • 投薬は蚊が発生する期間、月に一度の割合で行ってください。
  • 1カ月に1度、あるいは毎月決まった日付に投薬してください。
  • 投薬前に飼い犬の体重を確認してください。

キウォフハート使用時の注意点

  • キウォフハートを使用する前に、必ずフィラリアの成虫が体内に寄生しているかどうかを検査してください。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

キウォフハートは、タブレットタイプのお薬なので、犬の餌に混ぜて投薬されるのがおすすめです。

フィラリア予防薬は長期間使い続けないといけないため、多頭飼育をされている飼い主さんには経済的負担が増えてしまいます。

フィラリア予防薬でお悩みの飼い主さんは、割安な価格で購入可能なジェネリック医薬品のキウォフハートを試されてみてはいかがでしょうか。

※キウォフハートは、生産終了となりました。

ペット医薬品の個人輸入代行

ペット くすり
ペットくすり ペットくすり業界の老舗!

安全保障!
とくにジェネリック医薬品が人気
リピーター率50%以上!
詳細ページ
ペットのお薬 うさパラ
会員ランクシステムで賢く購入!

送料無料!
薬の種類がとにかく豊富。
還元できるうさパラポイント。
詳細ページ

 - 犬情報