なび猫情報局

ためになる猫ちゃん情報

【セルカークレックス】飼い方やかかりやすい病気までご紹介

   

セルカークレックス飼い方

はじめまして、この記事にインターネット検索から訪れた方は、セルカークレックスをこれから飼おうか悩まれていて、複数のページを閲覧されたのではないでしょうか?

この記事では、「セルカークレックスとは」「基本データ」「飼い方」「かかりやすい病気やケガ」をご紹介しています。

既に知っている情報もあるかもしれませんが、この記事が、セルカークレックスを飼われようとされている皆さまの参考になりましたら幸いです。

セルカークレックスとは

歴史

セルカークレックスの歴史は浅く、1987年、アメリカのモンタナ州にあった動物保護施設で保護されていた被毛が巻き毛の子猫を見つけたところから始まります。

この猫を、ブリーダーのジュリー・ニューマンが譲り受け、ペストと名付け育てられます。

そこで、飼育していた黒いペルシャと交配し、6匹の子猫を生みますが、そのうちの3匹が巻き毛だったため、ニューマンは毛質が遺伝であることを確信します。

その後、他の猫種との交配を重ね、セルカークレックスとして猫種を確立。

1992年に、TICA(The International Cat Association Asia Region)、2000年には、CFA(The Cat Fanciers' Association, Inc.)等の団体に公認され、現在に至ります。

基本データ

表記 / 原産国 / 名前の由来

説明
日本語表記 セルカークレックス
英語表記 Selkirk Rex
原産国 アメリカ
名前の由来 保護されたモンタナ州の「セルカーク山脈」から

体重 / 平均寿命

性別 雄(オス) 雌(メス)
体重 約5.0kg ~ 約6.5kg 約3.0kg ~ 約4.5kg
平均寿命 13~15歳

体型 / 性格 / 運動量

説明
体型 セミコビー
(四肢・胴・尾がやや長め)
性格 人なつっこい、甘えん坊、穏やか
運動量 普通

眼の色 / 毛種 / 毛色

説明
眼の色 グリーン、ヘーゼル、ゴールドなどすべての色
毛種 短毛・長毛
毛色 ホワイト、ブラック、ブルー、レッドタビーなどすべての色

ペット医薬品の個人輸入代行ペットくすり

飼い方の注意点 / お手入れの仕方

飼い方の注意点

セルカークレックスは、穏やかな性格で、激しい運動を好みませんので、肥満防止のためにも、食事と運動量に注意し、栄養バランスの取れた食事を与えるようにしましょう。

セルカークレックスは、寒さに強い猫なので、夏場の閉め切った室内は苦手なので、温度管理には十分に注意してください。

セルカークレックスは、運動量が少なく、あまり鳴かない猫なので、マンションや集合住宅でも飼いやすい猫です。

お手入れの仕方

セルカークレックスは短毛・長毛の2種類に分かれます。

そろぞれのお手入れ方法は、以下を目安にされると良いでしょう。

ブラッシング シャンプー
短毛種 1日1回 月に1回
長毛種 1日2回 月に2回

かかりやすい病気やケガ

熱中症

熱中症(ねっちゅうしょう)は、体内にたまった熱を外に逃がすことができなくなり、全身の機能が不全に陥った状態の事を言います。

猫は発汗によって体温調節をすることが出来ないので、注意が必要です。

詳しくは、「猫の熱中症!症状と治療方法!」をお読みください。

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)は、ゆっくりと症状が進行する遺伝性の腎臓の病気です。

この病気は、腎不全を引き起こし、一度発症すると治らないとも言われています。

肥大性心筋症

肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう)は、心臓病の一つで、心臓の筋肉がどんどん厚くなっていく病気です。

この病気により、十分な血液を排出することが出来なくなるため、全身の臓器(心臓、肝臓、腸、筋肉など)が弱まってしまいますので、注意が必要です。


まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。

セルカークレックスは、羊の皮をかぶった猫と呼ばれるほど、触り心地の良い被毛を持っている猫です。

この記事が猫選びのご参考になりましたら幸いです。

 - 猫種